CVS4期 – 2006年 春

  • HOME »
  • CVS4期 – 2006年 春

CVS4期(2006年 春)体験記

モノポリー

ボードゲーム『モノポリー』で白熱した戦いが繰り広げられました。

開会式(サンタモニカ)&単語カルタ大会

快晴の空の下、第4期CVSの開会式がサンタモニカで行われました。いよいよコア期間が始まるということで、参加者もスタッフも興奮気味でした。またキリスト教や会計学の単語のカルタ大会が行われました。怪我人が出るほどの熾烈な戦いでした。結果は鋭い飛び込みの葉山君が飛びぬけたスコアで優勝しました。

サルサダンスレッスン

スペイン人のセクシーな先生と一緒にサルサを踊りました。狭いホールで汗びっしょりになりながら、皆のステップや腰使いは次第に様になっていきました。特に決勝に進んだ2ペアの踊りは皆をひきつけるほど素敵なものでした。

チーム決め&発表

まだL.A.に来てお互いがまだよくわかってない中で、チーム決めが行われました。発表の瞬間はとてもドキドキして、決まった仲間と過すこれからの生活を思い描いてワクワクしました。charaKters、しゃかりき、OnePiece、BraveHeart、Hagiwara’s Angels、GOLDの6チームが結成されました。

第一回料理の鉄人

第一回料理の鉄人のテーマは『じゃがいも』。チームが決定してすぐに始まったこのイベントでは、料理をするチームも、バックで支えるほかのチームやスタッフも大変でした。チーム名も決定していない中、料理のコンセプト、プレゼン、メニューを考えて、いかに高いパフォーマンスを出すかということにCharaKters、GOLDが挑戦しました。韓国風味の料理でまとめたGOLDに軍配が上がりました。

ビーチバレー

ビーチに移動して、ビーチバレーを行いました。元オリンピック選手をも含むコンサルタントの起用方法がポイントが勝敗を分けました。眩しい太陽と白い砂浜で砂だらけになってボールを追いかけました。運動神経抜群でバランスの取れたcharaKtersが優勝しました。

社長会

週末には各チームの社長が社長会に参加し、達夫さんとらチームビルディングやリーダーシップについてディスカッションをする機会が設けられます。場所は様々なレストランで、時にはとても高級な場所で開催されます。こうしたリッチな食事が味わえるのはそのときの社長の特権です。

Valentine’s sweets contest(2月14日)

L.A.の高級住宅街で人気のお店『AMANDINE』のバレンタイン商品をいかに売るかを競うコンテストが開催されました。前日までポスターや包材を作成したり、近隣で聞き込みしたりそれぞれのチームが工夫してマーケティングを行いました。当日は着物を着ている人やドレスアップした人が入り混じり、にぎやかな雰囲気でそれぞれが選択したスウィーツを売りまくりました。結果として当日の売上げはオーナーの豊島さんが驚くほどのものになり、CVSとして初の試みのこのプロジェクトは大成功でした。優勝は抜群の営業センスを持つ佐藤寛子さん率いるAngelsでした。

クラス

達夫さんの家にて達夫さんのクラスが開催されました。内容は会計学についてでした。財務諸表から会社のキャッシュフローについて見るにはどの項目、どういう指標を持ってみればよいのか学びました。達夫さんのクラスは楽しくてわかりやすいですよ。

会計学試験

事前課題で課されていた会計問題に関する試験が早朝から行われました。早くも過密なスケジュールとなっているなか、皆慣れない会計問題に必死に名って取り組みました。しかし想像を超えた難問に苦しみ、ほとんどの人が追試となってしまいました。

FUN NIGHT(毎週水曜日)

毎週水曜には近隣に住む人たちを交えて、学生が主体となって運営するファンナイトが開催されます。教会大臣の葉山君と角下さんが中心となっていろんな楽しいイベントを企画しました。キリスト教への理解を深めたり、賛美歌を歌ったり、一緒に料理を食べたり、時にはコントも行われました。

チームプレゼンテーション&チームTシャツ決定

それぞれのチームの個性を出し、チームの紹介をするプレゼンテーションを行いました。チームのマスコットとTシャツも作りました。

第二回料理の鉄人

第二回料理の鉄人のテーマは『トマト』。チーム結成直後でバタバタした第一回から大幅にレベルアップした料理とプレゼンテーションに観客は魅了されました。接戦でしたが、『ボルケーノ』の強烈なノリでしゃかりきが勝利しました。

Secret Mission

シークレットミッションは、ビバリーヒルズ内の指定された場所にいって写真をとってくるという『ビバリーヒルズテーリング』でした。思ったよりも問題が難しく各チーム苦戦する中、予想に反していきなり教会を飛び出して行ったGOLDがダントツの結果で優勝しました。

タップダンスミュージカル鑑賞

ハリウッドの立派なシアターで開催されたタップダンスミュージカルを鑑賞しました。想像を絶する内容に参加者全員が魅せられ、帰りの足取りは皆タップ調でした。

UCLA Basketball Game

『U・C・L・A・UCLA Fight Fight Fight』ホームならではの印象的な応援が体育館全体に響き渡り、バスケットボールが好きな人もそうでない人も、皆でUCLAを応援しました。UCLAが見事勝利し、会場は大盛り上がりでした。

第三回料理の鉄人

第三回料理の鉄人のテーマは『バナナ』。2チームとも映像を駆使して第二回からレベルがさらに上がりました。難しい食材を見事生かし、『冒険』をテーマにしておいしい料理を作り上げたOne Pieceが勝利しました。

ヤードセールコンテスト

ヤードセールコンテストでは参加者が日本から持ってきたものや、近隣からのドネーションによって得た物品を教会の敷地内で販売しました。食べ物と組み合わせたり、高級住宅地から高価なドネーションを得たりと各チーム戦略を工夫しました。営業力で勝るAngelsが優勝しました。

労組の会

各チーム平社員が集まって近所のタコス屋さんで労組の会がしめやかに開かれました。デロイト訪問デロイトに訪問し、富田さんのお話を聞くことが出来ました。『going my way』の富田さんのお話からは、これまで常にリーダーとして生きてこられた富田さんの哲学が伝わってきました。

NHL観戦

ド派手な演出、選手たちの迫力あるプレーで、寒い会場も熱く盛り上がりました。

料理の鉄人(Japan Day)Japan Dayのテーマは『passion(キリストの受難)』。深いテーマをそれぞれのチームがうまく表現し、お招きした教会員の方々にも楽しんでいただくことが出来ました。GOLD、しゃかりきの2チームが決勝へ進出しました。

Japan Day

教会員の方々を招いて開かれる料理の鉄人、Japan Dayを4期でも開催しました。テーマはキリストの受難”passion”。難しいテーマに3チームがそれぞれの切り口で取り組み、映像を駆使したり工夫を凝らした演出方法などでかなりハイレベルな戦いになりました。

 

ポートフォリオプレゼン

アメリカの上場企業10社を選定し、達夫さんやスタッフなどのファンドマネージャーに投資を提案するミッション。長期的展望、短期的展望、ファンドのリスクと『サンタモニカ』というテーマをうまくプレゼンしたBrave Heartが優勝しました。

バトルテニス

ダブルスで一人十打毎に打っていく特殊なテニスミッション。本番前までには少ない自由時間をうまく生かして練習しました。優勝はメンバーのバランスが優れていたしゃかりきとcharaKtersでした。

サンタモニカ~ベニスオペレーションズレース

スケボー、キックボード、自転車、走りの4役をチームのメンバーがそれぞれ担当し、ベニスーサンタモニカ間の往復のタイムを競いました。ゴール後には会計の問題が用意されており、正解すればタイムを短縮できるので問題を解くか解かないかも重要なポイントでした。優勝したのは、圧倒的にスケボーが速かったおたっきーのいるcharaKtersでした。

おみくじレース

当日は雨天となり、いつもとは異なり屋内での決行となったおみくじレース。書いてある内容がとってくるまでわからない『おみくじ』問題を解きます。問題をとってくる前には走る変わりにタイピングの早打ちを行わなければならないというルールでした。出題内容は『business law』で、カンに頼らざるを得ない場面もしばしば。優勝はGOLDでした。

メキシコ観光

メキシコプロジェクトに向けてメキシコに出発しました。レストランでメキシコ料理を楽しんだり、アステカ文明のピラミッドに上ったりしました。市場や遺跡では露天商の人がたくさんいますが、メキシコでは高額な値段を吹っかけてきます。そこではクラスで培った交渉力を生かしてお土産を値切りました。メキシコではシルバーが有名ですが、はじめは1万円近かったシルバーがしまいには何百円にまで下がってしまうということもありました。

メキシコエントリーストラテジー

モントレー工科大学の学生とジョイントして日米墨をまたがるビジネスプランを作成しました。メキシコに来る前からスカイプやメッセンジャーを使って何度も連絡を取り合い、遠い地に住むまったく知らない人たちとビジネスプランを作成するというのはほとんどの参加者にとって初めての経験でした。優勝したのはメキシコの銀を使ったアクセサリーを日本に売り込むというプランを発表したAngelsでした。

コンサルティングプロジェクト

それぞれのチームがクライアント企業の問題点を指摘し、改善案を提案する、というのがコンサルティングプロジェクトです。クライアント企業に何度も赴いたり、任意の方法でリサーチを行いました。ロサンゼルス名物のお土産を作るというプランをすすめるCVSをクライアントとして、膨大なプライマリデータを集めたBrave Heartが優勝しました。

料理の鉄人・決勝戦

料理の鉄人、決勝戦のテーマは『言葉』。長いようであっという間に過ぎ去った第4期CVSを表現する言葉を料理で表現するという難しいテーマでしたが、しゃかりきが感動的なプレゼンテーションで勝利を収めました。

卒業試験

合格しないと卒業できないという卒業試験に、早朝から取り組みました。これまでの期間を通して学んだことの集大成をこの試験で発揮しました。

結果発表

教会での卒業式はとても感動的なものでした。約1ヶ月半の期間中、いろんな問題が起こったり、過密すぎるスケジュールに苦しんだり、過した濃密な時間があっという間のように感じられました。総合優勝はしゃかりき、個人優勝は江面太組くん、ベストポテンシャル賞はジーザスの様な梅澤さときくんと苦しいときでも笑顔が素敵だった石井菜穂さん、HAGIWARA賞は教会大臣としてFUNNIGHTの企画に尽力した葉山茂一くんと角下ゆかさんでした。みなさん、おめでとう!

マジックキャッスル

優勝チームと上位入賞者、受賞者でハリウッドにある会員制のマジシャンの殿堂、マジックキャッスルに行きました。

Disney land

コア期間を終え、本場アメリカのディズニーランドを満喫しました。コア期間が終わり、開放的な気分で思いっきり本場ディズニーを満喫しました。

PAGETOP
Copyright © CVS Leadership Institute All Rights Reserved.
Top