CVS6期 – 2007年 春

  • HOME »
  • CVS6期 – 2007年 春

CVS6期(2007年 春)体験記

2月5日 キャンプ出発

いよいよ待ちに待ったキャンプ。日本からやってきた人たちは、本当に特別な何かを秘めていそうで武者震いの連続でした。特にまっつんの「水の流れに身を任せ酒を飲む」秘技、「水流飲み」は震えました。明日行われる凄惨なゲームのことなど知る由もなく、おなかいっぱいバーベキューを食べ、いびつな形のテントで一晩過ごしました…

モノポリー
たのしいたのしいモノポリー、ものぽりー、もの…。ゲームと思って舐めてかかると痛い目をみます!!

【午前】
破産者続出というスリルのあるゲーム展開!、各ゲームテーブルではヤクザさんが土地を制圧し、厳しい取立てを!!テーブルから阿鼻叫喚がきこえてくる。社会は厳しい。

【午後】
第2回目の午後。破産者の会では一向に建物がつくられない、悲しいゲーム展開。ヤクザ組こと勝者たちはゆったりとゲームを楽しんだ様子。

カルタ大会

コア期間始まる前のキャンプ場でカルタ大会をやりました。このmissionは会計の基礎英単語とその意味をカルタ形式で学びました。思いのほか強風でカルタが飛ばされてしまうため、あきらさんが出したお題(CVSに関係する俳句を作れ!など)に答えられた人がカルタを取る権利が得られる方式になりました。

オーバーアチーブメント試験

「over achievement」この日本語訳もわからず試験を受けた輩もすくなからずいるのではなかろうか。この試験に備えて前日は皆が徹夜をして臨んだ。そしてこの日に白○氏のパソコンがウイルスに犯された。
人は極限に追い込まれると集中力が発揮されるとの本著のありがたいお言葉の通り、試験勉強中は一行読むにも一苦労の英文が脅威的な早さで読まれて行く。
合否の確信も得られないまま、数日後に結果発表を迎えた。
なんと奇跡の男性陣全員合格!!皆が歓喜に溢れる中、俺の真向かいで固まっている男が一人。一○大卒、某王手広告会社に就職が決まっているNY留学直後のM氏だった。
まさかの不合格に彼はシリアスリーに落ちんでいた。

ネットワーキング

みんなで海の上の遊園地サンタモニカピアに向かった。青い空、広い海、そしてみんなの笑顔・・・そんななか、何をやるのかと思いきや、MISSION開始!それが、ネットワーキング!!みんなの、名前、出身地、将来の夢、特技、好きなタイプをみんなに覚えてもらうのだ!みんなのこと知れて、みんなに自分のこと知ってもらえて、このMISSIONはいい!すごく良かった!好きなタイプとか、こっぱずかしかったけどね・・・(*^_^*)

サルサダンス

コア期間始まる一日前に、皆でのところにイザベル先生のサルサレッスンに行きました。約1時間半ほどのレッスンでしたが、セクシーな先生の指導の下、サルサのステップとラテンの情熱を学びました。この日のコンテストでは、ダンス経験ありのYUYUと何故かダンスが出来るスミノフペアが優勝しました。

開会式、チーム発表

ついに来ました!開会式でずっと気になってたチームメンバーの発表です!ドキドキ。。
みんなちょっと緊張の面持ちで座ってたなぁ。個人ポイント上位者、事前missionのaward発表が終わると、6チームが発表されました。ちなみに個人ポイント一位はボコボコ寿弥くん!デキル男だ!みんなそれぞれ同じチームになりたい人が何気にいたみたいやったけどそれはおいといて、これからこのチームで頑張るぞ!っていう気合いが伝わってきました。これから色々なドラマが始まるんです!コア期間スタート~!!!

サンタモニカテーリング(+シークレットミッション)

LAのどこに何があるかなんてわかんないよ~!そんな状況の中、始まったサンタモニカテーリング。タクシー乗って、24ドル払ってしまったライオンハートの船出は、非常に厳しいものとなる。3rd streetに漂う海の香りのゆったりした優しさとは対象に、焦りの中で、空気を読めないほど必死に写真を取りまくる僕たちの画は、いよいよCVSが本格的に走り出したことを意味していた。

バレーボール観戦

サンタモニカテーリングの混乱も覚め止まぬまま、そしてUCLAの正式名称もわからぬまま、校内でバレー観戦を行った。席はコートのすぐ近く!容赦なく流れ弾が飛んでくるほどの臨場感である。(某I君は二度被弾)
さすがは名門UCLAだけあり、選手の体格も相手チームより格段に大きく、試合も危なげなく運んで行き、余裕の勝利。
常に流れ弾の恐怖におびえながら、CVSコア期間最初の夜はすぎて行った。

BIBLE STUDY

初めてのBibleStudyにみんな緊張の面持ちです。我らが神父、PASTERKENがフェローシップにて聖書の一節を引用しながらビジネスから科学まで様々なことを教えてくれました。地元の方も参加しているので、英語を使う良い機会!寝てる人なんていないよね・・・あっ!
最後は教会にてゴスペルを歌ったりと、楽しい時間を過ごしました。We love Gospel!!

ゆーゅ誕生日会

コア期間開始早々の忙しい中みなに課せられた隠れミッション『YU-YUお誕生会』。彼女にばれずプレゼントを用意するもの、ムービーを作成するクリエイティブマンたち、時間稼ぎのため彼女を連れ出すおっさんなどなど役割分担も完璧。そんな苦労も本番でみせた彼女の涙で吹き飛びましたとさ。めでたしめでたし。

Amandine Project

ロスの人気カフェ、アマンディーンにてケーキ販売です!開会式からミッション続きでハードスケジュールの中、ポスやビラ配りなど当日に備えて準備し、本番は女は浴衣、男は甚平姿で日本を前面に押し出し、積極的にアマンディーンに来るお客さんに売りに行きました。ケーキが売れ残ったチームもありましたが、普段の倍の売れ行きに豊島さんや森さんも大喜び!初めての大きなミッションは盛り上がりました!売上は過去最高の6000$OVER!!

Fun Night ~Valentine’sDay~

Fun Nightの第一回目。Amandine Projectが終了した日の夜が本番という過酷なスケジュールの中、担当にあたった7名はバレンタインにまつわるSKITをやったり、事前に日本で撮影していたムービーを流したりして日本のバレンタインを紹介しました。また、夕飯としてちらし寿司とお味噌汁を振舞いました。

チームプレゼン

サンタモニカテーリングを終え、チームのメンバーとも少しづつコミュニケーションが取れてきた中、チームのアイデンティティを示す「チームプレゼン」がやってきた。自らのチームのチーム名のみならず、ロゴや帽子、ブログなど、様々な角度から、自分たちのチームがどうありたいのかについてプレゼン合戦が行われた。結果優勝に輝いたENT@MEのぐっさん曰く、「ブログも帽子もかっこよくできたからね!チームの総合力でしょう!」とのこと。この日を機に、いよいよ本格的にチーム同士の戦いが始まる、大事な一戦となった。

第1回料理の鉄人 ~Cheers vs. Lion Heart~

記念すべき6thの第一回料鉄。テーマはほうれん草。サンタモニカテーリングで5位と6位のLion HeartとCheers!が対戦。まだルールも勝手もわからないままに、準備が進む。疲労も超ピーク!Cheers!はチームのVisionに絡めたCurryちゃん、Puddingくん、Spinachくんのスキットを含むプレゼンでほうれん草をペーストにし、ポタージュ、キーマカレースパゲティ、プリンの三品。対するLion Heartは、ブッシュ演説の吹き替え動画などをからめてLOVEをテーマにおふくろスープ、サラダ、アイスクリーム、エメラルドアイスクリーム。 料理ではCheersが圧勝するも、全体の評価では僅差でLion Heartが勝利!料鉄はプレゼンやコンセプトも重視されるのです。

メキシコビジネスプラン 選抜プレゼン

Hola!来月に控えたメキシコビジネスコンテストの予選通過3チームをプレゼンで決定。予選通過チームは、、、Lion HeartのタコヘルスとCheersの中古ゲームとPlay&Playのリボルビングすしでしたー!実はライオンハートのタコヘルスはプレゼン二時間前にすみのふの思いつきで決まったもの。らいおんが通過したことに誰しもが驚愕したことでしょう。まさかタコヘルスが。

ポートフォリオプレゼンテーション

このミッションは米国市場における株を自分たちの選択基準で10株選ぶというものです。その10株で実際にポートフォリオを組み、運用成績を競います。各チームの個性が良く出て、数理的に分析するチーム、ベッカムブームに乗っかるチーム、専門家の意見を信用するチームといろいろありました。結局は米国市場の暴落で、みんな儲かっていないみたいですが、良い経験になったと思います。

Fun Night ~China Day~

2回目のFun Nightのテーマは中国。中国人の石君と劉君が中心となって進めました。今期はクラシックの才能に長けている人が多く、チェロありバイオリンありのミニコンサートが行われました。また、水餃子を小麦粉から作ろうと、参加者にも楽しめるようにしたところ、大人気!プレゼンありぃの中国語講座ありぃのと会場は大いに盛り上がりました。文化の紹介のみにかかわらず、みんなに参加して楽しんでもらえるFun Nightに。コミュニティの人も大喜びです。

劇鑑賞

初めてのダウンタウンで感動!劇自体は・・・、爆睡者続出!?タイトなスケジュールで頑張っていたCVS6期生にとっては良い休息の場となった…かも… 笑

第2回料理の鉄人 ~ENT@ME vs JOKER~

恒例ミッション、料鉄の今回の食材テーマは「じゃがいも」。対戦チームは…ENT@ME vs JOKER!!まさやんを中心に素晴らしく装飾された会場で、熱いバトルは始まりました。ENT@MEのというコンセプトとJOKERの復活祭というコンセプトが激突!!その結果…JOKERが2回戦への切符を手にしました☆どんどんレベルアップする料鉄、次回はさらにヒートアップする。

社長会

憧れの社長会に初出席。セレブが集いそうなホテルのロビーにぞろぞろと歩いて入り、写真を撮る姿じゃさぞかし奇妙に思われたろうに…。石君が調子に乗って頼んだContinental Breakfastはなんとジュースとパンだけ。高級ホテルでもメニューには気をつけろ!と、高級感を味わうのが目的ではなく、リーダーシップについて学ぶのが社長会。互いに自分たちのチームの現状と目標を交換しました。仕事の能力ではなく、リーダーになるためには心の能力が大事なのだという話でした。

バディープレゼン

CVSも折り返しを迎えたのにもかかわらず、こんなにユルいミッションが他にあったのだろうか。その名もBUDDY PRESENTATION。奇跡のミリオネア3連発。カラオケ。挙げ句バディの写真を取ったつもりが顔半分しか映っておらず途方に暮れるグループ等、ミッション繁忙期が重なり、みんな疲れの合間にぐだぐだで作ったのがバレバレであった。
しかしながらそこはさすがはCVS。みんな本番になったら持ち前の度胸でプレゼンをこなし、場を盛り上げていた。そして、そんな僕たちのプレゼンに終始笑顔だったバディーの皆さんには、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

NBA観戦

待ちに待ったNBA観戦がやってきました。対戦カードは、LAクリッパーズv.s.ボブキャッツ!!コア期間初日のバレー観戦以来久々のスポーツ観戦です。試合の方は、試合終了ぎりぎりまでもつれる白熱の展開で楽しませてくれました。初めてのNBA観戦に興奮している人も多く、いい息抜きになりました。

オペレーションズレース

スケボー、キックボード、自転車、走り…これら異なる乗り物を上手く組み合わせることで、最速タイムを競うオペレーションレース。ボトルネックは果たして何なのか?ボトルネックを克服することはできたのか?本番当日…残念ながら天候には恵まれず、強風に悩まされました。「ボトルネックは強風なのか?」という思いを胸にいざオペレーションレーススタート!!レース後、悪天候の影響もあり、約6キロを闘いぬいた戦士24人はくたくたでした。

ネゴシエーションコンテスト

前日の夜にNegotiationのクラスを受けて、翌日に早くも実践!例によっての早朝起床でみんな眠い目をこすりつつfarmer’s marketに行ってネゴしまくった!!クラスで学んだNegotiationStrategyを駆使して、marketを右往左往。お店の人には大変ご迷惑をおかけいたしました!でもそのおかげで溢れんばかりの野菜と果物がVDRCCに!その後の異臭騒ぎは大変でした。特にVISION部屋がひどかった。

このmissionはINFINITYが大量にgetして優勝!marketで一番大きな店で汗水流して働く計画が功を奏したみたい。その素早さに完敗(^O^)/ネゴコン後の食生活は潤っていました。

Fun Night ~Phillipines Day~

バレンタイン、中国に続く第3弾のフィリピンファンナイト、今回は前回までの反省をふまえ、広報に力を入れた。ビラとトーク戦術で、なんとか新しい客を引きこもうと努力する。当日ジェームスの協力もあり、過去最高のクオリティの料理と、地元の人々を巻き込んだ企画実現!そして何より新規の参加者が5人!まだまだと思いながらも人を集めることの喜びを感じて眠るコミュニティ大臣であった…

UCLA

憧れのUCLAツアーを獲得したのは・・・朝6時から実施されたGMATで結果を出したタフガイ5名。みんな朝強い子達だね。現役UCLA生に案内されてアンダーソンスクールなどのスポットをまわりました。締めは当然お土産タイム。各人チームメンバーへの思いやりを忘れませんでした。

第3回料理の鉄人 ~Infinity vs Play&Play~

第3回料鉄は最強と名高いInfinityの海賊パフォーマンスと家族愛を押し出し、最高の味で勝負したPlay&Playの対決となった。両者拮抗するも料理のコンセプトがリーチアウトしたPlay&Playがセミファイナルへの階段をのぼる。美味しかった!!だけではなく、面白かった!!ついに次はLionHeart/JOKER/Play&Playが激突します。

ヤードセール

Cheers!Cheers!!Cheers!!!の1日だったと思います。
客観的に見て、Cheersのヤードセールは目を見張るものがありました。
商品を勧め、話しをして仲良くなりマッサージのサービスをするという、いたってシンプルな戦略ではありましたが威力は抜群でした。事前に友人より商品を大量にゲットするなどcheersの勝利への執念が実ったmissionだったと思います。ここからCheersのもう追撃が始まりました。

労組の会

会社の中でいつも心細い気分のEmployee。彼らにも至福のときがやってきました!!その名も労組の会☆うきうきのもえさんに連れられて、6人のEmployeeとわったんは30分歩きました(涙)Employeeらしく、外で盛大にタコスパーティーを開催♪みんな、全てを忘れて大いに盛り上がりました! みんなで食べたあのタコスの味、忘れない♪

LAマラソン

ついにこの日が来た!!この日のために毎日練習した人もいるくらい、この日はみんなミッション並みに気合が入ってました。八時半にスタートして、ひたすら走る走る。皆完走、完歩目指して走った!!最初は余裕だったのが、後半になるにつれて苦しく、つらくなって、Mile20位では誰もが一度はくじけそうになったはず。だけど、それでもCVS!!Never give upの精神で全員が無事完走!!ゴール地点で応援組の姿を見たときは皆涙しました・・・

ビーチバレー

UCLAでバレー観戦をしたのももう一ヶ月も前のこと。今度はいよいよ俺たちCVS生がバレーを行う番。観るのもいいけど、やっぱりスポーツはやるのが一番!!しかしながら、当日来る予定だった元オリンピック選手が来ず、ただのバレー大会と化した。結果はCHEERSが優勝!!スポーツの対応能力なら彼らがイチバン長けていた。

第4回料理の鉄人 ~Joker vs Lion Heart vs Play&Play~

第4回料鉄は、三つ巴の戦いであった。3チームから2チームが選ばれる。テーマは愛であった。いかに料理の中で愛を伝えるか。これがkeyである。この難解なテーマは、料理をさらに美味しく引き立てることとなった。僅差で勝ち残った2組はLion Heart、Play&Playであった。

3月8日 メキシコ出発

出発当日、ばたばただった。みんなまだ気持ちはメキシコに向いてなかった。あせりにあせって出発!!バスを乗り継ぎ空港に近づくにつれ、気持ちはだんだんメキシコに。どんな国かな?どんなことがおこるかな?わくわくわくわく・・・
とにかくメキシコでは、はっちゃける!!という気持ち半分、でもメキシコプレゼンあるから真剣に…という気持ち半分。こんな感じで私たちはアミーゴの国、メキシコに向かった。

ソチミルコ観光

メキシコ人の仲間と飲めや歌えや踊れやのお祭り騒ぎでした。メキシコ人と打ち解け、彼らのフレンドリーさにまずは驚かされました。しかし、もっとも驚いたのは、臭いで有名のまさやんがサチミルコから足を滑らせ池にドボンしたことです。あれで臭いが落ちたのか、新しい臭いとなったのか、それはご想像にお任せしますが、体を張ったプレーに賞賛の拍手を送りたいです。

サルサクラブ

メキシコといえば…タコス!!・・・。でもありますが、、、サルサでもあります。初めてのサルサクラブにドキドキしながらも徐々に皆ハイテンションに踊りだす。日本人がめずらしいのか、メキシコ人のおばちゃまに口説かれて踊り続けるという幸せな人も。。。バディに限らず現地の人も巻き込んで仲良くなれ、サルサの魅力を満喫した夜でした。

グアダルーペ&テオティワカン遺跡

今日は待ちに待った観光の日!まずはグアダルーペという大きな教会へ。ここは聖母マリアが現れた地として有名で、ローマ教皇も何度も来られているとか。広い敷地に古い建物がたくさん並び、写真をたくさんとりました。ただでさえ日本人は目立つのに、集団で6期Tシャツを来ているものだから目立つ目立つ!有名人ばりに写真を撮られました。グアダルーペ周辺の出店で、7期向けのお土産を買った後、ティオティワカンへ。ティオティワカンはピラミッドで有名な遺跡群。その中でも最大の太陽のピラミッドに登り、頂上でピラミッドパワーを受けました!また組み立て体操のピラミッドの写真やCVSの人文字写真などをメキシコ人の視線を集めながら撮りました。夕方になってしまった昼ごはんは、マリアッチ生演奏を聞きながらのバイキング。本当にうまかった!

メキシコビジネスプランコンテスト

メキシコのモントレオーレ大学とのジョイントビジネスコンテスト。今まであまり英語を使う機会はなかったが、メキシコの学生の協力あってのこのミッションなので、英語が得意な人も苦手な人も一生懸命だった。これまではメキシコ発のプランが勝利を収めていたが、今回は、1位 Lion Heart、2位 CHEERS、3位 Play&Playと日本側が独占した。
何はともあれ、国際的な交流を通じて、かけがえのない経験をする事ができました。

バトルテニス

メキシコから帰ってきた翌日疲労はピークにもかかわらず、朝5時半起きでテニス場に出発(死にそうに眠かった…)。テニスラケットが少ないのでチーム外のメンバーとも仲良く交互に使いました(24人で4本って!!)。バトルテニスは1人10球ずつ、4人40球打たなければ10球打った人はコートに入れなくなるルールで、テニスをやったことない人も必ず参加するようになってます。ポイントを入れた時のみんなの盛り上がりはすごかった。汗と悔しさと喜びの垂れ流しでした。病気でありながらカッコイイショットを見せてくれたマッツンには皆が惚れました♡ この日はみんなお腹が痛くなる、腹痛マッツン病に多くの人がかかり地獄でした。

Fun Night ~Mexico~

この日は最後のFUN NIGHT!メキシコから帰ってきたばかりでみんなくたくただったものの、最後ということで巨大なメキシコの国旗を作ったりLion Heartがビジネスプランで見事優勝した広島風お好み焼きを人数分用意したりとなかなか力が入っていました☆サルサダンス、どのカップルもステキでした☆かなっぺ&いっしーかわいかったね♪優勝おめでとう!個人的にはJoe&聖にも特別賞をあげたかったです☆笑
最後だったのでバディーへのメッセージを込めた映像を流してみんなで歌を歌いました。

卒業試験

朝、起きたら5時50分。眠たい頭をかきながら試験会場であるフェローシップに向かう。みんなフェローシップに集まるとスタッフから試験開始の合図があった。「それでは、今から4時間頑張ってくださいっ♪」えっ!?4時間も!!?問題冊子を見るとめっちゃ分厚いし…。事前学習課題・Class・Mission・Biblestudy・会計・事例問題などなど、今まで学んだこと全てからの出題でした。みんな本当にお疲れ様でした!

料理の鉄人Final ~Lion Heart vs Play&Play~

料鉄FINALは、メキシコを制したLion HeartとBattle Tennisを制したPlay&Playの対戦となりました。今回のテーマは『Memory』。前日はBattle TennisとFUN NIGHT、当日は4時間にも及ぶ卒業試験もあり、極めてタイトなスケジュールの中で両チームはそれぞれの強みを活かして挑みました。Lion Heartは美しい映像を駆使して『CVS6期のHistory』を表現しました。一方Play&Playはシュールな笑いを前面に出したスキットを駆使して、『CVS卒業生がセミナーの経験を活かしながらビジネスで成功していく姿』を表現しました。彼らは『過去のMemoryをどう未来のVisionを達成するために活かすかが大切であり、それが達夫さんの願いだ』というメッセージとともに、卒業生も巻き込んで1期から6期生の思い出やVisionを集めてボードにし、卒業生のVisionを目に見える形で達夫さんに贈りました。勝ったのはPlay&Playで、みんなで肩を組みながら歌ったBest Friendが感動的でした。

結果発表

6期はチーフスタッフの二人がどたんばのキャンセルいまだかつて経験しない「リーダー無き状態」でのスタートとなった。更に銀行にだまされたり、残されたスタッフはステップアップすることを余儀なくされ、非常に成長したのではないかと思う。そして6期生の中にはスタッフの作業を手伝ってくれたり、スタッフ、講師、参加者一体となって、とても思い出に残るCVSになった。(でも恋愛カップル続出にはちょっと驚いてしまった…ま、いっか)

優勝:PLAY&PLAY
歴史に残るほどの熱いハートを持つ社長の小林君!オペレーションでの失敗、あやうく失格になるほどの大失敗。チームも崩壊するかと思うほどもめていた。そんな中でチームをぐいっと引っ張り、料鉄では一位だったINFINITYを気力で破り、あとのミッションでは次々と勝利を収め見事チーム優勝、そして個人でも最初から最後まで社長をつとめた小林君が優勝をすることができた。理論派のわったん、恋人と離れながらも直向な努力をする加藤君、そして英語の得意なユッコ、そんな4人が熱いハート、そして学習したリーダーシップの理論を素直に実行に移す姿勢がもたらした勝利だと思う!

準優勝:LION HEART
サンタモニカテーリングでタクシーを使ってしまうなど、数字の管理が弱かったのが、劉君が入ることによりバランスの取れた良いチームとなった。リーダーシップを発揮し、独特の口調でプレゼンをするスミノフ、数字にやたら強い劉君、一年生でもかなり活躍を見せたSHO、そして安らぎを与えるまちゃ、メキシコでのビジコンでは見事優勝!最後に料鉄の決勝戦で気合でPLAYに負けてしまったが、優勝していてもおかしくないほどチームケミストリーの良い、役割分担が良くできたチームであった。劉君は4年生以外で初めてベストポテンシャル賞を受賞することができた。

第3位:CHEERS!
料鉄の初戦で敗退。前半のミッションでの連敗にも関わらず、いつもチームのスローガン、「チアーズ」と叫んでモラルを下げないようにしていた。初期社長の石ころ君は今までの参加者の中でも学習スピードがトップクラスで速く、クラスでもいつも発言していた。とてもビジネス専攻ではないとは思えないほど、2年生で初めての個人での3位入賞。そして後半の社長河村君はマラソンでも参加者の中で一位でゴールしたが、スポーツマン独特の爽やかさと、いけいけどんどんの交渉力でチームを勝ちに導き、最後はINFINITYを抜いて3位に入賞し、奨学金を獲得することができた。防衛大臣の坂入君は今回から始まったベスト大臣賞を受賞し、唯一の女性メンバーのりかはアーティスティックなタレントを発揮し、コミュニティ-イベントで貢献していた。チームビルディングがしっかりできていれば優勝をできたと思うが、それより参加者一人一人の成長がよくわかる良いチームであった。

第4位:INFINITY
皆のリーダー的な存在で、ビジネスの知識も深い河野君、個人で2位に入るもチームを入賞させることはできなかった。前半は勝ちが続いたが、途中から人材育成に力を入れすぎで、任せすぎたことにより勝ちを逃したと思う。芸術センス抜群のジョーグ、ビジネスに目覚めた国際派のともよ、そして飛び込み参加の宇山君、とても良いチームだったが、歴史的に途中まで一位だったチームは落ちると4位までおちてしまうという伝統が今回も続いてしまった。料鉄では負けてしまったけど、私はあの奇想天外な料鉄はすごかった!料鉄の歴史に残ると思う。

第5位:ENT@ME
優勝するのではないかと思われていたが、意外に力が出ていなかったのがこのチーム。タイミングが悪かったり、体調が悪かったり、色々なことがうまくかみ合っていないような気がした。社長のぐっさんは、5期活躍した赤ちゃんの友達で雰囲気もそっくりだったが、赤ちゃんには追いつくことができなかった。野中さんは男性に囲まれると大人しくなってしまうのが残念、実力はあるのに表に出なさ過ぎたように思える。いつもマフラーのガイはクールでクラスでも良く発言していたが、チームではあまり発言していないように見えた。料理大臣広瀬君も体調を壊したが最後まで頑張っていた。運も実力のうち、気力で運を勝ち取ってもらいたかった。

第6位:JOKER
ボストンで会ったときはこんな変な学生だとは思っても見なかったが、コミュニティー大臣のまっつんは皆の人気者だった。バイオリンを弾きながら料鉄で準決勝までチームを導いたもう一人のリーダーのしろやん、そしていつも元気ないくみんと、可愛らしい笑顔だけどクラスでは眠そうだったかなっぺ、とても良いチームで、なかなか勝ちが無く、倒産寸前にいったが、それでもJOKERらしい笑いを忘れていなかった。ミッションで一つも優勝がなかったのが残念だが、誰にも忘れられない愛されるチームだった。まっつん、萩原賞受賞おめでとう!チームはだめだったけど、CVS全体のリーダーとして良くコミュニティーイベントをまとめてくれました。

個人優勝
小林 正弥 早稲田大学大学院 国際情報通信研究科M1

個人準優勝
河野 寿弥 京都大学 経済学部4年

個人第三位
石 東博 京都大学 理学部2年

HAGIWARA賞
松本 紘一 一橋大学商学部4年

ベストポテンシャル賞
劉 延豊 東京工業大学 工学部2年

ベスト大臣
坂入 英人 早稲田大学 人間科学部2年

ベストCFO
石 東博 京都大学 理学部 2年

スタッフ
スタッフは萌子、あきら、ハマケンだった。チーフが無い中で皆とても頑張ったと思う。一期以来のスタッフの少なさだった。でもそんな皆には驚かされることが多かった。まず、萌子はマラソンが早く女子でCVS記録を作ったし、ピアノもうまいのには驚いた。あきらはチェロがプロ並、まさに芸術家だった。そしてハマケンは参加者の時には見えなかったが、実にリーダーシップ力があり、芸術的なセンスだけでなく、チームを導く実力もあることがわかった。スタッフの皆、今回は本当にご苦労さん。そしてこれからはCVS組織のリーダーとして頑張ってください!そしてボランティアで手伝ってくれたじゅんぺい、ゆうみちゃん、そしてアビーちゃん、ありがとう!すばらしいCVSになりました。(萩原)

PAGETOP
Copyright © CVS Leadership Institute All Rights Reserved.
Top