dscf4360_edited

 

嫌でも「自分が得意なこと」と「自分な苦手なこと」がはっきり分かるようになります
慶應義塾大学4年 室町峻哉

-はじめにCVSに参加したきっかけを教えてください。

私はこれまで資格試験の勉強の世界に生きてきて、視野が非常に狭まっているなあと感じていたんです。だから何か今までとしてきたこととはまったく違うことをしてみたいと思っていました。そんな中で、友人の紹介でCVSの存在を知りました。

-室町さんは在学中に司法試験合格という素晴らしい実績をお持ちですよね?なぜ敢えてCVSに参加したんですか?

CVSでは自分が今まで生きてきた世界とは真逆の経験ができるだろうと考えて、参加を決めました。試験勉強は机に向かうだけですが、将来的に必要なのは机に向かって得られたスキルだけじゃないですからね。色んな体験ができそうだったので、やってみようかなと思いました。

1

 

-アメリカとメキシコの経験について教えてください。

うーん、一言で言うなら、自分が想像以上に何もできなかったことを実感しました(笑)

-え、そこまで言いますか?! なんでもソツなくこなしちゃいそうなイメージだったんですけど・・・。

まさか!!英語は下手だし、動画作成や服を作ったりといったクリエイティブなこともさっぱり。頭を使うことぐらいはできると思っていたのですが、ビジネスプランを考えるときもどこからどう考えていいか良くわからず、何もできませんでしたよ。自信をもって得意だと言えたのは、法律と頭の使い方が似ている会計と、クラスクイズぐらいでした(笑)そんなこんなで、ひたすら自分の無力さを実感する2か月間でした。

2

 

-じゃあ室町さんにとって、コア期間は苦しいものだったんですね・・・。

そうですねー(笑)でも、ミッション以外にもいろんな経験ができて、とても楽しかったです。グランドキャニオンやラスベガスに行った旅行期間、毎週教会の礼拝に参加してキリスト教の文化に触れることができたホームステイ期間、アメリカとはまた違った文化に触れることができたメキシコ期間等、わずか2か月間にこれでもかというくらい色々な体験をすることができました。特に、アワードで泊まったラスベガスのホテルは最高でしたね。

-ラスベガス!?なんて豪華・・・。私のお給料だと何年後になるんだろう(笑)

案外泊まりに行けるかもしれませんよ。本当にたくさんのホテルがあるし、モーテルみたいなのもあったのでベガス気分は味わえます(笑)

-帰ってきてから、今何を思いますか?

帰ってきてから思うのは、どうすればCVSでもっと多くの学びを得られたのかな、ということです。コア期間を通じて、様々な学びを得ることはできましたが、もっとやれることがあったのではないのかなというのが正直な感想です。社長を一度も体験しないまま終えてしまったことや、少ししんどいときにコミュニティーの仕事をおろそかにしてしまったこと、クリエイティブ系のミッションをチームメンバーに任せてしまって自分はほとんど何もやらなかったこと等、後悔を挙げればキリがありません。次の参加者には同じ後悔をして欲しくないので、自分の体験をしっかり伝えていきたいです。

3

 

-CVSへの参加を迷っている皆様に一言!

CVSのセミナーの特徴は「なんでもやる」ことです。ビジネスプランを作ったり、英語でプレゼンすることはもちろん、会計、チームビルディング、それから料理を作ることもあれば、服を作ったり、スポーツもします。これだけなんでもすれば嫌でも「自分が得意なこと」と「自分な苦手なこと」がはっきり分かるようになってきます。今、やるべきことが見つかれないひとは、とりあえず、「なんでもやってみる」のはどうですか?きっと何か見つかりますよ。

2017年春期セミナーの募集要項はこちら