#04 福田 浩士

_MG_9616

時間とお金をかけた盛大なゲーム
CVS12期 福田 浩士(株式会社meleap CEO)
meleap.com

CVSに参加した理由

海外いきたい、でも単に旅行っていうのもつまらないな〜と考えてフラフラ大学を散歩していると、CVSのチラシが目に止まり、興味が湧いたので行くことにしました。

CVSで学んだこと

P1000144_mini

1つ1つのミッションに使える時間、資源は限られています。その中で、どこにパワーを投下し、どのように進めていくのかという戦略が重要になります。どのミッションで勝ちにいくのか、勝つために必要な情報をいかに集めるか、メンバーの誰がどこを担当するのか、というようなことを考え、失敗と成功を繰り返しました。結果、限られた条件でいかに最大限のアウトプットを出すかということを学ぶことができました。

「学び」という点において次にデカかったのは、達夫さんです。達夫さんは声が大きく、パワフルで、自分の意思が強く、タフな人です。今まであまりこのような人と接したことがなかったので、正直驚きました。時には参加者から反感を買っていることもありましたが、私は彼の物事を押し進める力に感銘を受けました。2ヶ月間、彼から影響を受け、私も少しタフになれた気がします。

また、学びとは関係ないのですが、CVSはとにかく楽しかったです。仲間と団結して戦い、喜びや感動を分かち合う体験ができました。毎日ワクワクしてましたね。

CVSを卒業後、歩んでいる道

株式会社meleapを起業し、ウェアラブルを使ったARスポーツ「HADO」を開発・提供しています。

HADOは、子どもの頃に憧れた魔法や技を使って戦い合うゲームです。これまでのゲームのようにテレビやディスプレイの前で遊ぶのではなく、体を自由に動かし、技を放ちます。私達はこの情報技術によって生まれる新たなスポーツジャンルを「テクノスポーツ」と名付け、市場を切り開いていこうとしています。

学生さんへのメッセージ

とにかく興味わいたものに全力で突っ込んでみると、いろんな発見があって楽しいと思います。

[2015年4月]

PAGETOP
Copyright © CVS Leadership Institute All Rights Reserved.
Top