#09 芳賀 彩花

AyakaHaga_thumbnail

自分の魅力と足りない部分をありありと気づかせてくれる
CVS15期参加者/CVS16期スタッフ 芳賀 彩花
(外資系コンサルティングファーム コンサルタント)

CVSに参加した理由

力試しをしてみたかった。

CVSで学んだこと

378827_2713815205054_364004774_n
自分の論理と他人の論理は違う。自分が当たり前だと思っていたこと(例えば、仕事は他の何を犠牲にしても遂行する)が必ずしも他の人にとっても当てはまるわけではないんだと、気づかされました。それに気づかずチームには怒られたし、深刻なけんかもしました。そのおかげで、まず最初に相手の論理(目標、モチベーション、優先順位など)を確認し合うことは、スムーズに仕事をする上でも、精神衛生上も非常に大事と学びました。

また、他人の論理を理解してそれに合わせたコミュニケーションをする。他人の論理が違うと気づいた上で、例えば、この人がやりたいこと/得意なことは◯◯だからそれに合わせた仕事をやってもらう、とかその目標を達成するためにはどう自分が貢献できるかとか。要は、マーケティングに出てくるみたいに相手のニーズを理解してそれに合わせて訴求するということかもしれないです。一方的に必要性やメリットを語っても納得してもらえないんだと気づきました。

でも最終的には”Amigo wins”。これは達夫さんが交渉の授業でよく言っていたことですが、人間関係これに尽きると思います。何かをやってもらいたいなら相手に自分のことを信頼してもらい、好きになってもらうこと。権力やお金や論理ではなかなか人は動かせませんが、「こいつのためなら仕方ないな」と思ってもらえば、全く違う結果になるということを目の当たりにしました。

CVSを卒業後、歩んでいる道

12190998_10208146818968680_6913080286864643615_n
マネジメントコンサルティングファームで働いています。4年目で現在はスペインでMBAを取得中です。

学生さんへのメッセージ

CVSでの学びは人それぞれなので、これが必ず経験できるよ!とは言えませんが、自分を語るネタが山ほどできるというのは約束できます。例えば、私はチーフスタッフをやったとき、当初あまりの忙しさのために他のスタッフのモチベーションや体力を考えず酷使してしまい仕事をボイコットされそうになりましたが、関係を修復してやり遂げた、というエピソードがあります。就活でもその他のインタビューでもよく聞かれる「失敗経験とその克服」の質問で必ず話しています。就活のネタ、といってしまうと陳腐ですが、それくらい人生にインパクトのある経験がいくつもできる濃い時間になるはずです。

[2015年12月]

PAGETOP
Copyright © CVS Leadership Institute All Rights Reserved.
Top