%e9%95%b7%e7%94%ba2

 

受けた刺激や得た気付きなんかは今の自分の考え方や価値観を形作るうえで非常に重要な役割を占めているなと感じます
京都大学3年 長町悠平

−まず、CVSに参加しようと思ったきっかけを教えてください。

CVS23期に参加していた友達からの紹介です。それで調べていくうちに面白そうだなって思って参加しました。

−具体的に惹かれたポイントってなんですか?

単にアメリカに行って留学するのではなく、ビジネスが学べるっていうところがポイントでした。もとから海外留学には興味があったのと、経済学部に所属していることもあってビジネスには関心があったし、学部で学ぶような学問的知識ではなく、よりビジネスに近い知識を得て、さらにそれをアウトプットとして実践する場所を探していました。それで、アメリカでビジネスが学べるって聞いて、「これこそ求めていたものや〜!」と言う感じでインスピレーションを受けちゃいました(笑)

%e9%95%b7%e7%94%ba1

 

−実際に行ってみてどうでしたか?

知識を実践に移したいと言う願望はあったんですけど、そもそも実践に移すっていう実感が、最初は沸いてなかったなあと思いました。「仮想経済の中でチームごとに株式会社の形式を模して競争する」と言うのがCVSの根底にあるのですが、こう聞いても言葉ではしっくりきませんよね。コア期間が始まって、徐々に会社全体の流れなんかをつかめてきました。

ただ、自分はチームのCEOとして結果を残せなかったので、チームメイトには申し訳ない部分がとても多いです。特に、チーム運営が下手で、最初からチームビルディングがうまくいかなくて悩むときもありました。

−チームビルディングがうまくいかない時ってどうなるんですか?

えっ・・・。また狙いすましたかのような質問を・・・(笑)

お答えしましょう!うまくいかなくなると、最後には従業員異動が起こります。僕のチームの従業員と他のチームの従業員のトレードするという、CVSでもしばしば見られる現象です。

%e9%95%b7%e7%94%ba3

 

−人間関係が大変そうですが?

大変っちゃ大変ですけど、まぁそういう時間も含めて、苦労した分だけ自分の中で深く考える時間ができたと思うんです。自分のできるところやできないところが鮮明に浮かび上がって、自分を見つめなおす良い機会にもなりました。もちろん、チームでうまくいってなくても個人的にはとても仲良かったりしますよ。

−現地の生活についての話題なんかはありますか?

待ってました!アメリカでのホームステイ先で、ホストファミリーにHollywoodに連れて行ってもらったり、週末にパーティしたりしてとても楽しい時間を過ごしました。あとは、メキシコの世界遺産に観光しに行ったり・・・。ミッションに関係ない部分でも楽しめるところが多いのも、CVSの魅力であると思います!私にとっては、初めてのアメリカ・メキシコだったんですが、本当に全てが貴重な経験でした。

%e9%95%b7%e7%94%ba4

 

−帰ってきてから思うことってありますか?

あっという間だったな、という感じです。みんなでクラスを受けて、ミッションして、っていう日々がずっと昔のような気がします。ですがそこで受けた刺激や得た気付きなんかは今の自分の考え方や価値観を形作るうえで非常に重要な役割を占めているなと感じます。あっという間だけど充実した2か月間でした。CVSに一緒に参加した25期生のみんなとはとても仲良くなれたし、お互いに刺激し合うことができて本当に感謝しています。

−CVSへの参加を迷っている皆様に一言!

間違いなく行くことをお勧めします!海外で自分にチャレンジしたいという方、何か刺激を得たい方、ぜひ参加してみてください。行かない理由はないと思います!!

2017年春期セミナーの募集要項はこちら